石川労信協は、ろうきんローンのご利用を足元でしっかり支えています。

一般財団法人 石川県労働者信用基金協会

ごあいさつ

 当協会は、石川県・市町、北陸労働金庫(北陸ろうきん)などの事業団体、労働団体から協力頂いている基金などを基本財産として「働く人とその家族の暮らしを支える事業の推進」を目的とした、北陸ろうきんの系統信用保証機関です。

 1968年7月1日の設立以来、目的の意義を達成すべく役職員が一丸となって事業運営に取り組んでいます。また、皆さま方には北陸ろうきんなどの各種融資を通して当協会の保証事業をご活用頂いていますことに、心より感謝と御礼を申し上げます。

 金融機関をめぐる状況は、大規模な金融緩和政策の継続により資金利鞘の縮小と預貸金収支の減少、またコロナ禍による営業活動の制約等により厳しい状況が続いています。

 このような中で、北陸ろうきんは今後の事業展開を図るうえで、2021年7月より融資保証先を日本労働者信用基金協会に統一することを決定しました。これを受けて当協会は2024年8月を期限として、日本労働者信用基金協会への事業譲渡が完了するよう準備を進めています。

 事業譲渡の完了まで当協会の業務は、代位弁済の実行と求償権等の回収が中心となりますが、北陸ろうきんや関係団体と連携し、環境の変化や多様化するニーズに的確に応えていく所存です。
 当協会の基本スタンスである「営利を目的とせず『働く人とその家族の暮らし』を保証事業で支える」を果たすため、役職員で積極的に各課題に取り組んでまいります。

(一財)石川県労働者信用基金協会

理事長  黒谷 治夫

PAGE TOP